潔癖性のバンドマンは辛い

自他共に認める潔癖性ギタリストのRikuです。

潔癖性って辛くないですか?特にバンドをやっていると尚更。。

基本的にスタジオやらライブやらって地べたに自分の所有物を置かざるを得ないタイミングって多く発生するじゃないですか。

シールドだったり、ギターケースだったり、エフェクターだったり。。

シールドなんて特にベタベタと踏まれたりするじゃないですか。

そんな物を素手でクルクル巻かなきゃいけないって普通に厳しい。

ちなみによく人のシールドを平気で踏む人がいるけど、

潔癖性の人は笑顔でも内心キレてるはずなんで、絶対にしない方がいいです(笑)

汚い上に破損の原因にもなりますからね。

あとはエフェクターもホントに辛い。

潔癖性じゃない人には分からないかもしれないんですけど、

基本的に外で使ったエフェクターは玄関先までしか家に入れません(笑)

エフェクターボードも下駄箱の脇あたりに置いてます。

だから基本的に潔癖性の人間は外と中で使うエフェクターを完全に分ける必要があるんで、

兼用が出来ない=コストがかさむ

という訳でございます。

辛い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする